妊活中の女性の必須アイテムとされる葉酸サプリは、妊娠前から妊娠中、そして授乳期までずっと必要です。

赤ちゃんを待ち望む女性にとって、ゴールは妊娠成立のタイミングではありません。 五体満足の赤ちゃんを、母体も健康な状態で産むことこそ、妊活の本当のゴールですよね。

その為には、着床後すぐに必要量の葉酸を毎日補う必要があります。

葉酸は、胎児の先天性異常を予防する働きがあるからです。 先天異常を予防する目的なら、妊娠検査薬で陽性反応が出てから慌てて葉酸サプリを買い求めるのでは、実はタイミングが遅過ぎます。

まだ多くの女性が妊娠に気づいていない本当の初期段階こそ、葉酸が必要です。

もちろん、葉酸には先天異常を予防する働き以外にも、妊娠しやすくするサポートする働き、妊娠中、授乳中の貧血を予防する働きがあるので、妊娠初期を過ぎたからもう飲む必要はないと言うことではありません。

残念ながら、葉酸を必要ラインまで普段の食事だけで補うことは非常に難しく、特に食欲をコントロールしにくくなるつわりの時期にはサプリメントを頼ることが大切です。授乳中もゆっくり食材を選び調理している暇はありませんから、葉酸サプリが役立ちます。

質の良い母乳の為に葉酸が欠かせないことはご存じでしたでしょうか。

また、妊娠中、授乳中は身体の変化だけではなく、精神的にも気持ちが激しく揺れやすい時期です。そしてマタニティブルー、産後うつの予防にも葉酸は効果的ですし、妊活中のイライラにもよく効きます。

また、葉酸サプリは女性側の不妊だけではなく、男性不妊にもプラスに働きますし、育毛効果や最近急増している男性の貧血対策にも有効です。

葉酸サプリの選び方

葉酸サプリ選びで迷ったら「マタニティ用」、「妊娠、授乳中用」などと書かれた製品だと安心です。

また、同じ葉酸サプリでも葉酸オンリーのものとマルチビタミンタイプのものがありますが、純粋に葉酸だけ摂取したいということであればドクターズチョイスのオーガニック天然葉酸がオススメです。

約1ヶ月分の錠剤が約5,000円するので「高い!! 」と感じる妊婦さんもいらっしゃるかも知れませんが、貴重なオーガニック葉酸で余計な添加物は一切含まれていません。微量含まれているマカパウダーや玄米粉に至っても、オーガニックにこだわっています。

しかも、つわりの最中でもスムーズに飲むことができる小粒サイズで強い癖もない為、葉酸サプリを最も必要とする妊娠初期の服用にもぴったりです。

1粒200μgなので、「キウイを多めに食べたので今日は1粒にしておこう」などと調整しやすい点も好評です。

一方、葉酸を中心に基礎的な栄養素も満遍なく摂取したい方には、ニューサイエンス社のマルチミネラルビタミンがオススメです。こちらのサプリもオーガニック基準をクリアしています。

お値段は2ヶ月分で約8,000円・・・とやはり合成成分のサプリと比べると高く感じるかも知れませんが、専門家からも太鼓判を押されている品質の良さが大きな魅力です。

どちらのサプリも錠剤、カプセルのサイズが大き過ぎないので喉に引っかかりにくい筈ですが、どうしても固形タイプを飲み込むのが苦手な場合、葉酸入りのジュースやお茶などドリンクタイプも試してみて下さい。